<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

蒸気機関ノ生キ物展:出展者紹介【Mile Paxton】

8月8日(土)〜9月7日(月) 開催「蒸気機関ノ生キ物展」出展者紹介!!
昨年の旅人のトランク展や今年のキツネ展にも参加、
まるで剥製のようにリアルでありながら
可愛らしさももったぬいぐるみが大人気のMile Paxtonさんのご紹介です。

蒸気機関ノ生キ物展 蒸気機関ノ生キ物展


蒸気機関ノ生キ物展
※各画像の作品は出展イメージ、または作品の一例です。


【Mile Paxtonさんに聞きました!】

1)自己紹介をお願いします!
フェイクファーを使い、剥製のようにリアルなぬいぐるみを制作しています。
毛並みの一本一束まで精魂を込めたぬいぐるみ達が宿す「生命感」を楽しんで頂けたら幸いです。

2)生キ物の設定を教えて下さい!
別世界に住むとある一族。
イタチに似ているが、そうではないという。
彼等は器用な手先と独特な体型をいかして、機械や飛行船の整備士をして暮らしている。
鼻先が煤で真っ黒いのは、腕がいい証拠だ。

3)どのような作品を展示販売予定ですか?
ぬいぐるみ、ポストカード、小物など

4)ご来店の方にひとことメッセージをお願いします!
イタチ、特にフェレットは自分にとって非常に思い出深い生き物です。
彼等ならどこでも楽しく暮らしていそうだなと考えモチーフに選びました。
別世界でも気ままに過ごすフェレット達のどたばた騒ぎを楽しんでいって下さい。


Mile Paxton
http://towatowato2.blog.fc2.com/
--------------------------------------------------------

…少年たちの集まるラボラトリエ。そこに“ポッシェ”という一人の少年がいた。
彼はいつもポケットからちょっと変わったモノを取り出す事から、そう呼ばれているのだ。

「ねぇねぇポッシェ、きみはいつも不思議な物を持ち歩いてるの?」
「ううん。違うよ。」
(ポッシェはポケットに何もない素振りを見せた。)
「でも、いつも機械の部品の様な、生き物のようなものがポケットから出てくるじゃないか。」
「それがね、気が付くといつもポッケに紛れ込んでいるんだ。…あ、ほらまた。」
(ポッシェがポケットから何かを取り出した)
「ほんとだ!
・・・きみのポケット、どこが別の世界と繋がっているようだね」
「そうなのかもしれないね(笑)」

さてさて、ポッシェのポケットにはいったいどんな世界が広がっているのでしょうか。
今回の企画展では、ポッシェの不思議なポケットの世界を皆さまに特別にお見せいたしましょう…★

蒸気機関ノ生キ物展


===========================================================












 
| 蒸気機関ノ生キ物展 | 15:06 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 15:06 | - | - |




[RSS1.0]
[Atom0.3]