<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

蒸気機関ノ生キ物展:出展者紹介【CLAW】

8月8日(土)〜9月7日(月) 開催「蒸気機関ノ生キ物展」出展者紹介!!
ナツメヒロ企画展初参加の異種造形作家・CLAWさんのご紹介です。

蒸気機関ノ生キ物展
蒸気機関ノ生キ物展
※各画像の作品は出展イメージ、または作品の一例です。


【CLAWさんに聞きました!】

1)自己紹介をお願いします!
ウニ殻・動物の骨・プロペラ・時計部品等を素材として
立体作品やアクセサリーを制作する異種造形作家。
自然界と人工物の世界の双方に見られる様々な
『奇妙で美しいもの』に触れた時の感動を創作の拠り所としています。

2)生キ物の設定を教えて下さい!
私の想像世界の住人たちは、その背後にある物語も「記号と象徴の齟齬」という
ひとつのシンプルな命題のみに集約される具象的かつ抽象的な存在です。
そのような彼らのことを私自身は《傍系縫合》と呼んでいます。

3)どのような作品を展示販売予定ですか?
ユニークなデザインで素材選びにこだわったネックレスをバリエーション豊富にご用意する予定です。
企画展のテーマがジャストフィットなので、
定番のウニの殻やプロペラなどCLAWらしいラインナップでお送りします!

4)ご来店の方にひとことメッセージをお願いします!
3年ほど活動を続けてまいりましたが、
ナツメヒロさんの企画展に参加させていただくのは今回初めてです。
この素晴らしい機会に沢山の出会いがありますように!

CLAW
http://www.kurouchi.com/
--------------------------------------

…少年たちの集まるラボラトリエ。そこに“ポッシェ”という一人の少年がいた。
彼はいつもポケットからちょっと変わったモノを取り出す事から、そう呼ばれているのだ。

「ねぇねぇポッシェ、きみはいつも不思議な物を持ち歩いてるの?」
「ううん。違うよ。」
(ポッシェはポケットに何もない素振りを見せた。)
「でも、いつも機械の部品の様な、生き物のようなものがポケットから出てくるじゃないか。」
「それがね、気が付くといつもポッケに紛れ込んでいるんだ。…あ、ほらまた。」
(ポッシェがポケットから何かを取り出した)
「ほんとだ!
・・・きみのポケット、どこが別の世界と繋がっているようだね」
「そうなのかもしれないね(笑)」

さてさて、ポッシェのポケットにはいったいどんな世界が広がっているのでしょうか。
今回の企画展では、ポッシェの不思議なポケットの世界を皆さまに特別にお見せいたしましょう…★

蒸気機関ノ生キ物展






 
| 蒸気機関ノ生キ物展 | 13:38 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 13:38 | - | - |




[RSS1.0]
[Atom0.3]